サイズも色もジャストフィット。近藤康弘さんの理想の塩壺&新作カトラリースタンド

ずっと探し続けてきてやっと出会えた塩壺。前回の定番展で、探していたのはわたしだけでないことが証明されました。ありそうでいて探すとなかなか見つからない、シンプルかつ温かみのある蓋物。益子の近藤康弘さんの手によるものです。

気に入ったカタチや質感のものが見当たらず空き瓶なんかでごまかしてきたのですが、ガラスに密閉するとミネラル分の多いお塩は溶けてきてしまいます。陶器には適度な吸湿性があり、塩や砂糖が固まるのを防いでくれます。ウチでは3種類の塩を使い分けているのですが、陶器だと中身が見分けられないため色違いで揃えられるのはとても便利。そう、こんな風に大きさや色で使い分けられるのが理想的なのです。

塩壺と呼んでいますが特に用途を限定しているわけではありません。梅干しにお漬物、砂糖やお味噌など調味料や保存食を入れておくのに最適です。そもそも伝統的な保存食はすべて甕や木樽など、呼吸ができる容器で熟成されていました。発酵食品にとって酸素はもっとも大切な要素。酵母は酸素なしには生きられないからです。ただ、余分な湿度まで吸ってしまわないよう、スプーン用の穴は開けずある程度の密閉力も持たせてあります。はじめは蓋に取っ手をつけていたそうですが、冷蔵庫に入れる時に邪魔なので平らに改良。さらに蓋にくぼみをつけたら重ねやすくなりました。

どんな容量の調味料をどのくらいのサイクルで詰め替えて使うか、卓上に出すか出さないかなどの事情は人によって違うので、サイズや色は用途に合わせてお好みで。出しっぱなしでも、仕舞っておくのにも具合のよい塩壺です。

今回は、これまでのS、M、Lに加えて味噌壺サイズも登場。さらにご本人曰く”原点回帰”の気持ちで益子の伝統釉を使った白糠釉、黒釉なども加わり6色展開でご紹介します。そして、わたしからの熱烈リクエストに応えて新作のツールスタンドにも挑戦していただきました。新たなる定番がここから生まれてくる瞬間に立ち会っていただけるかもしれませんね。

◇『ろばの家の定番展SUPERSTANDARD vol.2』近藤康弘さんのオンライン販売ページはコチラです。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事