あのトッローネにチョコレートがけバージョンが登場!

ついに登場。あの犯罪級の美味しさ、サバディのトッローネにチョコレートがけバージョンが新発売!相変わらずパッケージも気が利いていて、そのままでバレンタインのギフトに完璧です。

イタリアでは、トッローネのチョコレートがけは定番中の定番。空港のお土産屋さんでもよく袋入りのものが売られています。だから、チョコレート屋さんであるサバディがトッローネを作っていて、なぜ今まで商品化されていなかったのか不思議すぎるくらいだったのです。 それとも、トッローネ自体ですでに完璧を超えるほどの味わいであったがゆえに、いくらチョコレート屋さんでも何かで覆って提供するのがはばからていたのかも…。

そんなことはありません。美味しいものにさら美味しいものを重ねているのですから、嬉しさ倍増に決まっているじゃないですか(笑)。少なくとも、ワタシは飛び上がるほど喜んじゃいましたよ。そして、チョコレートがかかっていてもやっぱり後味が軽い!もちろん届きたてで早速いただきましたが、チョコがかかっていると余計に中のトッローネがフワッと軽く感じます。こんなトロンチーニはどこにもないですよ。

冬限定で販売する4種のトッローネも同時に到着しました。今年は従来の150gから100gに仕様変更となって、よりお求めやすくなっての登場。こちらはぜひとも全種類味わっていただきたいところです。

さてさて新商品のこのボックス、なんといってもプレゼントに最適です。 この素敵なデザイン見てください。さすが、ハイセンスの権化シモーネがやることです。持ち手のついたボックスに、もっとも違いがわかるピスタチオとプレーンアーモンドの2種類をビターチョコでくるみ、個包装でパッケージ。一口サイズとよぶにはやや大きい、一個でも満足感のあるトッロンチーニを5個ずつ、計10個セットにしています。個別のトッローネ4種と違って最初からカットしてあるので、より手軽に召し上がっていただけます。包丁で切らなくて良いので差し上げる側もありがたいですよね。



このボックス、内容を考えたらとってもお買い得です。ひとつひとつのチョコレートが、まあまあ大きい。下の画像はひとつのトッロンチーニを半分に切ったものです。

もちろん、チョコをかけてあろうがなかろうが中身の品質は変わりません。どこを齧ってもこんなにもナッツがギッシリ。

まだサバデイのトッローネの洗礼を受けたことがない方は、ぜひともチョコレートのかかっていないトッローネも試して頂きたいですが、贈り物だけでなくちょこっと手軽につまみたい、という方にもこのボックスはおススメです。

さてさて、どちらにします?『おやつの時間』は、毎年誘惑が多くてごめんなさいね。

Sabadiの新着トッロンチーニのページはコチラです。

 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事