常滑ぶらり パート2

tokoname11

やきもの散歩道に入ると建物の佇まいや雰囲気に、どこか懐かしさを感じる。このキンチョールの看板も何かいい感じ。炎天下の中ぶらぶらしている訳ですが、何せ坂が多い。アップダウンを繰り返すだけでも汗だく。これはしんどい…つくばも暑いと思ったけど、常滑はもっと暑かった。。。ささっと見てみたい所に行かないとこっちがダウンしそうだ。

tokoname13

ようやくでっか~い登窯に到着してぐるりとその周りを一周したのですが、土台には土管が使われていたり。

tokoname15

何本もの煙突に驚き、登窯のスケールに圧倒される。昭和49年までは実際に使われていた登窯。この窯の窯焚きは凄そうだ…

tokoname16

tokoname17 tokoname18 tokoname19 tokoname20

土管や焼酎瓶が積まれた土管坂や江戸時代から廻船業を営んでいた瀧田家の建物など常滑ならではというところを散策。

tokoname21 tokoname22 tokoname23

まだまだ見たい所はあったが、大澤さんとの待ち合わせの時間に遅れそうだったので急いで向かう。使われなくなった煙突がちょっと寂しいような、懐かしいような。

tokoname24

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
2015-08-23 | Posted in パパろばのひとりごとNo Comments » 

関連記事