常滑ぶらり パート1

初めての常滑。大澤さんとの待ち合わせまで時間があったので折角だから、常滑散策してみようと炎天下の中をぶらぶらと歩いてみることに。産地ならではといった製陶所や、古い建物を見ていると歴史を感じます。

tokoname tokoname2 tokoname3tokoname4

ブラブラしていると、上から視線の様なものを感じたので見上げると、招き猫が。その招き猫に目を奪われていて、少しの間ボーっとしてましたが、招き猫の下に作った人の名前と作品名が記されていた。鯉江良二さんの作品だった。「まねきねこDEまねきねこ」という作品。この作品の招き猫に、妙に見られているような気持ちのまま、視線を先に延ばしてみると、他の作品も坂の先までありそうだ。一点、一点色々な作品を見ながら坂の向こうに行ってみようと歩き出す。

tokoname5 tokoname6tokoname8 tokoname7

土管も道端にごろごろ。

tokoname9

坂を上ってやきもの散歩道を散策することに。

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事