使い込むほどに味が出る、宮下敬史さんの木のカトラリー


前回の『定番展』以来すっかり定番化した山桜のおしゃもじ。宮下敬史さんの削り仕事の丁寧さが一番よくわかる美しく優雅な姿と使い勝手の良さから、プレゼント用にもと2本買う方もいるほどです。おしゃもじやサーバーは毎日使う身近な道具であるはずなのに、本当に気に入るものに出会うことの少ない難しいアイテムでもあります。

見た目も美しいこのおしゃもじ。なんといっても使いやすい。鍋肌にフィットしてお米粒を残さない絶妙なカーブと、手に吸い付いてくる持ち易い柄。薄くてご飯の返しが楽で、手彫りの跡が米粒もつきにくく作用し…と、良いところを並べたらきりがないくらい。特に炊き立てのご飯に十字に切り目を入れ、1/4ずつひっくり返す際にそのエッジの薄さがいかに重要かということに気が付きます。分厚いものでそれをやろうとすると、せっかくツヤツヤに炊き上がったお米の粒をつぶしてしまうのです。だから、おしゃもじというのは平らにできているんですね。使う前に5分ほど水につけて置くと、よりご飯がくっつきにくく快適に使えます。

今回宮下さんは山桜のおしゃもじだけでなく、おしゃもじ、サーバー、スプーン、両利き用バターナイフなどずっと定番で作り続けているカトラリー類のほか、当店でははじめてのお目見え、ひめフォークも届けてくださいました。木製のフォークには先端が丸く刺しにくいものが多いのですが、このフォークは先端まで全方位から尖らせてありとても使いやすそうです。


宮下さんは定番のカトラリーでも少しずつミリ単位での改良を繰り返し、より手になじむように、より使いやすいようにと常にデザインをブラッシュアップし続けてています。今回届いたカトラリーもすべて少しずつ改良されているとのこと。わたしたちが家で愛用しているものと見比べてみると、確かに柄が少し長めになっていたり、カーブがゆるやかになっていたりするものがありました。山桜のおしゃもじや両利き用バターナイフの使い勝手などとともに以前の記事で詳しくご紹介していますので「美しい姿の山桜のおしゃもじ。より使いやすく、常に進化し続けるスタイルが定番」の記事もぜひご覧ください。

そして、今回の定番展から宮下さんの定番アイテムとしておしゃもじ以上に浸透して欲しいと思っていたのがプレートです。「軽くて丈夫、木目も美しいプレートを普段使いに」と定番展のDMのコピーでも推してしまいましたが、自宅で宮下さんのプレートを一度も使わない日など一度もない、というほど毎日使っています。パスタやサラダなど油分のあるお料理にもガシガシ使うとお皿も常にしっとり、お手入れいらずです。そして、使い込むごとにどんどん味が出てきます。今回は、比較的大ぶりでワンプレートとしても使える山桜のプレートがデザイン違いであれこれ届いているほかスクエアプレートもサイズ違いで届いています。ぜひお毎日の暮らしに木のうつわ、取り入れてみてください。実際に使いだすとあまりに楽でやめられないですよ。


この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事