とっても欲張りなお試しセットです。

DSC_1096

Pietro Romanengo ピエトロ・ロマネンゴの欲張り5種セットを10箱限定で。

きゃ~~~~。こ、これはスウィーツ好き女子にはたまりません。憧れのピエトロ・ロマネンゴのお砂糖菓子が5種類も一度に試せてしまう欲張りなセットです。限定品のミントフォンダン、ミントキャンディーに、ドラジェを組み合わせました。当店で一番人気のアニスとシナモン、オレンジピールの3種類です。パッケージも美しいのでちょっとしたプレゼントに最高ですが、今まで気になってはいたけれどなかなか試すまでは、という方には自分へのご褒美用にも!
イタリア、ジェノヴァの老舗ピエトロ・ロマネンゴ・フ・ステファノは、300年前と全く同じ時間のかかる手法で伝統的なお菓子を作り続ける超人気店。厳選された天然素材だけを用いて熟練の職人さんがひとつひとつ手作りするその繊細な砂糖菓子は「ジェノヴァの宝石」とたとえられるほど、イタリア国内でもステイタス度の高い、格式あるお菓子屋さんなのです。結婚式の引き出物Bomboniereボンボニエレに必ず添えられるアーモンドドラジェも、ロマネンゴだというだけで羨ましがられるというように、イタリアの若い女性にとっても憧れ的存在。

ロイヤルブルーの薄紙に銀色の刻印シール、白い紙紐でくくられただけの包みも昔のままのたたずまいで、パッケージだけで期待感が高まりますが、一度中身の味を知ってしまえば、ロマネンゴに寄せれられる高い評価が決してプレゼンテーションに由来するものではないことが理解できます。とにかく、何を食べてもハッとするほど美味しく、どこまでも上品なのです。ロマネンゴの手にかかってしまったら、ありふれた素材が一気に高貴な味わいに変わってしまうから不思議です。お菓子に使われていっものでよい印象を持ったことのなかったバラの風味。ローズとつくとどれも香水の様に感じられて食べものと言う気がせずとても苦手で、自分からは手にしたことがありませんでした。他にも、ほとんどの場合キツすぎるシナモンや安っぽく感じられてしまうミントなど、敬遠してきた素材ばかり。それら全てにおいてあっさりと固定概念を覆されてしまった。ここのお菓子に出会ってもう10年以上ですが、知らなかったものを味見して裏切られた試しがないのです。300年支持され続ける味には理由があるということなのでしょう。なぜ砂糖とシナモンだけでこのような味になるのか、合成香料ではなく大量のミント生葉から採られた天然のエッセンシャルオイルだとこんなにも控えめで爽やかな後味を出せるのか、ローズが芳香剤のような香りに思えて苦手だったのは人工香料だったからなのかしら…と次々に目からウロコの感動を与えてくれたのでした。砂糖と天然素材だけ。シンプルなだけに、原材料の質の良さが際立ちます。

アーモンドドラジェを含めて、天然のスパイスを硬いお砂糖の衣でコーティングしたシナモンシュガーやアニスシュガーなどの小菓子はイタリアでコンフェッティと呼ばれます。ロマネンゴでは300年前に使っていたのと同じ大きな釜で少しずつ少しずつ素材にお砂糖の結晶をからめてゆくのですが、6~7時間かけて煮詰める工程をそれぞれに50回以上繰り返す、という気の遠くなるような長い時間と人間の手をかけて仕上げてゆきます。日本の金平糖を思わせますが、不透明な純白の糖衣は、どちらかというとアイシングをさらに硬くカリッとさせたかのような食感。天然のスパイスやナッツ一粒ひと粒にコーティングしているのでアニスなどお米大くらいの可愛らしい粒です。上質な和三盆のお干菓子にも相当するような控えめな甘味で、分厚い衣もまったくしつこくありません。紅茶にはもちろん、コーヒーにも相性抜群です。日持ちもするので、オフィスの引き出しにしまっておいてコーヒーブレイクの度に少しずつ、なんて楽しみ方も。本当に質の良いお菓子を少しずつ味わっていただく、という愉しみ方を教えてくれたのはこの、ピエトロロマネンゴのお菓子たちでした。
DSC_1117

以前にもHPでコンフェッティを作るロマネンゴの工房の動画などご紹介していますので、ご興味のある方はコチラもぜひご覧ください。
Online shopでのご購入はコチラのページから。

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事