ろばの家 ろばの家 ろばの家

『ごはん党』メンバー紹介#2 古松淳志さん

『ごはん党がゆく!突撃お米レンジャー』ママろば、今回は南伊豆の古松淳志さんをご紹介します。突撃しようにも、いつも優しく穏...続きを読む >

『ごはん党』メンバー紹介#1長野大輔さん

ろばの家初登場です。なんと、高知のうつわ畑から…。 長野大輔さんは高知で作陶しています。倉敷で陶芸を学んだ後2006年に...続きを読む >

やっぱり、ごはん党。

9月の企画展のご案内です。毎日のごはんを楽しむ道具やうつわの展示で内容は以下の通りです。 今年は夏のはじまりがとても暑か...続きを読む >

こんなトマトは初めて。水煮でも、フレッシュでもない反則技トマト。

その潔いまでのシンプルさは、後ろから唐突に膝カックンされちゃったくらいの「なんだよコレ!」という拍子抜け感なんです。正直...続きを読む >

謎の赤いダイヤモンド。胡椒をスパイスから主役に変えるマリチャの宝石。

これはバシッと来ます。今までMarichaマリチャの胡椒の中で一番テンションが高いのはネ・ビアンコ・ネ・ネーロだと思って...続きを読む >

洗剤不要。ぬるま湯だけでキュキュッと洗える万能びわこ

  まだ使ったことがないという人がいたら、とにかく一度試してみて欲しい。本当にびっくりします。あまりに色々な用...続きを読む >

夏の間"ひたし豆"さえ常備しておけば!おかずもお酒のおつまみもアレンジ自在。

青大豆のひたし豆です。夏なので、生姜を効かせてスッキリ仕立てました。これが、これがですね。申し訳ないほど簡単なんです。一...続きを読む >

蓋を取るのが毎日楽しみ!壷田和宏さんの自由な土鍋たち。

「ごはんを炊く鍋、ずっと探してたんです」という方、結構いらっしゃるんですね。「365日付き合うパートナーなんだから、こん...続きを読む >

たっぷりバジルのフリッタータ。簡単だけど、ちょっとしたコツが。

 夏になってバジルが出回る季節になると何度も繰返し作ってしまうフリッタータ。具はシンプルにバジルのみ、なのですがこれが本...続きを読む >

土と炎との戯れが生む偶然の表情。やきしめの良さ、もっともっと知って欲しい。

やきしめの最大の魅力は、どれひとつとして同じ色や模様がないという唯一性。 作家さんと話していると、やきしめのうつわの表面...続きを読む >

3 / 1712345...10...最後 »