ろばの家 ろばの家 ろばの家

『豆料理』から10年。長谷川清美さんのお豆レシピの集大成が完成。

『豆料理』出版から10年。長谷川清美さんのこれまで紹介してきた無数の豆レシピの集大成ともいえる書籍です!新しいレシピはも...続きを読む >

塩を使いわけるだけで、こんなにもお料理に差がでてしまうとは。

ろばのウチでお料理に使っているのは主にこの3種類のお塩です。ほかに韓国の海塩やシチリアのトラーパニのもの、フランスのゲラ...続きを読む >

お豆の知られざる秘密がザクザクと。楽しすぎるお豆ワークショップ。

4月7日の日曜日は、べにや長谷川商店代表の長谷川清美さんを講師にお迎えして、お豆料理のワークショップを行いました。昨年の...続きを読む >

丁寧なつくりが安心の鉄のフライパン。簡単、かつ正しいお手入れで一生ものに。

昨年9月の『定番展』でもご予約販売をさせていただいた羽生直記さんの鉄のフライパン。先月やっと、その時からお待ちいただいた...続きを読む >

淡く儚い筆のなかに少しずつ溶けだしてゆく、沼田智也さんの静かな世界観。

先週のお休みに茨城県の北部、高萩市にある沼田智也さんの工房へお邪魔してきました。ご自宅のすぐ隣りにある空家に作業場を移し...続きを読む >

ゆっくりと透明感を増してゆく漆。毎日使うコーヒーカップだからこそ、本物を手元に。

三年以上使い込んだ白溜めのカップ。左側がその使い込んだもの、右側が工房から届いたばかりの状態です。写真から色、質感の違い...続きを読む >

2019-03-16 | Giacomo Santoleri

即席雑穀ミックス、スファラータ。滋味あふれるスープや付け合せがすぐに。

ろばの家ではオープン以来扱っているのですが、昨年くらいからジワジワとリピーターを増やしはじめたSfarrataスファッラ...続きを読む >

2019-03-03 | Blog

2019年3月、ろばの家は5周年を迎えます。

なんとなんと、月日のたつのは早いことでしょう。 本当に、あっという間の5年間。 その5年という、長いんだか短いんだかよく...続きを読む >

料理する人のアイデア次第。パズルのように組合わせられるプレートたち。

これはなんとも、遊び心をくすぐられるプレートたちです。アイデアと想像力次第で無限に形遊びができる、ユニークな形とテクスチ...続きを読む >

宮下さんの山桜のカトラリーに小ぶりなサーバーも登場。

昨年の『定番展』でとても話題になった山桜のおしゃもじ。宮下敬史さんの削り仕事の丁寧さが一番よくわかる、美しく優雅な姿と使...続きを読む >

3 / 2812345...1020...最後 »