ろばの家 ろばの家 ろばの家

momento poetico #8 前田育子さん

カモメ、島、灯台、と題した作品。名前はついていないけれど、ヒトデや貝、船の一部のように見える作品たち。今回前田育子さんは...続きを読む >

momento poetico #7 渡辺隆之さん

板、と名付けられた焼き物。小石や砂利が混ざったままの原土を平たく焼いた長辺が20cmほどの作品で、静岡県伊豆の国市で制作...続きを読む >

momento poetico #6 白石陽一さん

この、オブジェ7というタイトルの白磁の立体。実は上の画像と、続く下の2つの画像はすべて同一の個体なのです。 いずれの面を...続きを読む >

momento poetico #5 境知子さん

曲線美、という言葉がいつも浮かんできてしまう。知子さんの作品は、焼き締めや白磁が中心であまり色で遊ぶイメージがなく、ライ...続きを読む >

momento poetico #4 境道一さん

道一さんと言えば、このグリーンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。なんとも言えない深い青緑。秘境とよばれる洞窟の...続きを読む >

momento poetico #3 Keicondoさん

“doll” ドール、というタイトルで作られているこの小さな陶人形。keiさんがずっと以前から少...続きを読む >

momento poetico #2 松本かおるさん

昨年長野県から石川県、輪島へと工房・住居を移し新たな生活をはじめた松本かおるさん。焼き締めという、釉薬をつかわずに土だけ...続きを読む >

momento poetico #1 野口悦士さん

今回momento poeticoに参加してくださっている皆さんを順にご紹介させていただきます。 まずは、野口悦士さん。...続きを読む >

OF THE PEOPLE, BY THE PEOPLE, FOR THE PE

今回、書籍で協力してくださっているPEOPLE BOOKSTORE代表の植田浩平さんに「詩、というものはどういうものだと...続きを読む >

momento poeticoDM裏話。詩的、でいくかロマンチックでいくか…。

この、昆虫の羽のようなピンク色の薄い種子。正確には翼果(よくか)とよばれる2枚組の羽のような形状の先端に内包されているの...続きを読む >