ろばの家 ろばの家 ろばの家

笠原良子さんのうつわ『冬ごもり』

お鍋が嬉しい季節ですね。『冬ごもり』の展示中、何度かこの笠原さんにお借りした私物の土鍋を使ってお店でデモンストレーション...続きを読む >

関口憲孝さんのうつわ『冬ごもり』

この美しい色合い!ルリ、濃紺、青磁…「あ、あのスープ皿の人だ!」とすぐにわかる人も増えてきたかもしれませんね。岩手県紫波...続きを読む >

服部竜也さんのうつわ『冬ごもり』

ろばの家の催し物に出ていただくのははじめて。岐阜県土岐市に工房を構える服部竜也さんです。 出展は初めてですが、少し前から...続きを読む >

ひとつは欲しい、鉄のフライパン。一本いっぽん手で打ったモノの違いは歴然です。

道具を作り始めたころからすぐに取りかかったという、フライパン。ずっと、作りたかったもののひとつだそうで今となっては羽生さ...続きを読む >

世界初の香りの熟成チョコレート。
Sabadiが提案する別次元の香り遊びを

いまだかつて誰も体験したことのない、別次元のチョコレートです。 世界中のカカオフリークをうならせているシチリアのサバディ...続きを読む >

冬ごもり~家時間を楽しむうつわや道具とあったか冬リネン~

12月7日からスタートする催し物のご案内です。 土瓶や土鍋、オーブンウエア、スープカップやお鍋の取り皿など、冬のお料理に...続きを読む >

『加地学 船串篤司 二人展』第三弾
酒器や花器、茶器などからも溢れ出る個性

加地さんのポット。加地さんの注器や蓋物にはみんなこのニョキッというつまみがついているのです。どことなく東南アジアとかイン...続きを読む >

『加地学 船串篤司 二人展』第二弾K
加地さんらしさがもっとも表れるダイナ

上:鉢 黒【110】 これこれ、これぞ加地さんです。「加地で~~~~~~す」度10倍くらいの響きで訴えかけてくる盛り鉢た...続きを読む >

『加地学 船串篤司 二人展』第二弾F
船串さんの無垢の銀彩,台皿や鉢などを

オンライン掲載第二弾。 船串さんは以前から白に貫入の入った作品や銀彩のうつわを作っていますが、今回届いた銀彩はまったく磨...続きを読む >

『加地学 船串篤司 二人展』第一弾K
パワーの塊。使い込んで落ち着いた頃が

加地さんの作品は写真に撮ると全部、実物より大きく見えてしまう。できるだけ実物に近いサイズに見えるよう、余白を多めにとって...続きを読む >