今年も『おやつの時間』の季節がやってきました。

nisimurasan

 

今年もやってきました、おやつの時間です。マグカップやポット、急須に汲み出しなど、コーヒーやお茶にまつわるうつわや小物が勢ぞろい。
今回新たに参加していただく作家さんも数名加わって、総勢11名(+α)でおやつの時間を彩ります。もちろん、昨年好評だったCookie-Gさんと岸本恵理子さんの焼き菓子など特別なおやつも届きますよ!

今年のDMには「ひとやすみ、ひとやすみ」なんて一休さんのような副題をつけていますが、わたくしママろば、こう見えて?大のひとやすみ好き!休んでる時の方が多くて働いている時の方がブレイクに見えるくらいです。自慢じゃないですけど。

「ひとやすみしてばっかりじゃん!」とパパろばに怒られながらも、やれいただいたお菓子があるだの、やれこの後梱包作業にかかりっきりになるからだの、あれやこれやと言い訳を見つけては、一日に何度もひとやすみの時間を作っているママろば。…そもそも、出勤してまず最初にするのがひとやすみ。「カッフェ飲まないと頭が働かない…」とパパろばにカフェラテを淹れてもらい、やっとこさ仕事モードです。

今日もこうしてカフェラテを飲みながら、久~~しぶりのろばレターを書いているわけですが、ラテは文句なしに美味しいしカップも素敵(本日のお供は西村峰子さんのマグカップです)でも、こうやって仕事しながら飲むのは「ひとやすみ」じゃないんだな~。だからやっぱり「おやつ」の存在は重要なのです。右手でサブレをつまみ、左手にマグを持ってパソコンのキーをたたくというのは結構大変(だし汚いですよね)なので、おやつがある時はさすがに手を止める。この、止めるというのが肝心。ブレイクというくらいですからね。しっかり中断しないと。どんなに追われていようと、むしろ追われている時はなおのこと、この分断された時間が有効に働くのです。それが30分であっても、わずか5分しかなくても、問題は時間の長さではなく、いかにその前後の時間とはっきり区別させられるか、だと思う。

仕事や家事の手を休めて、まずお湯を沸かす。本日のおやつに合わせて、何を飲もうか。そこに、格別に思い入れのあるポットやカップがあれば、それだけでもう、ひとやすみのクオリティーがぐぐっと上がります。その時間における自分のため密度が濃くなるのです。短時間でも熟睡できた時のような、すっきりした気分でカップを片付け「よし、やるぞ」。ひとやすみの時間を充実させられると、その分そうでない時間、がんばることができる…気がする(笑)。

 


『おやつの時間~ひとやすみ、ひとやすみ~』

10月21日(金)~10月30日(日)9:00-18:00 *会期中も定休日の月・火曜日はお休みをいただきます。
*10月20日(木)は搬入のため臨時休業をいただきます。ご注意ください。
*会期中カフェメニューはテイクアウトのみとなりますのでご了承ください。
*22日(土)、29日(土)のかえる工房さんの笑び餅販売はお休みさせていただきます。
*会期中限定で販売するCookie-Gさん、岸本恵理子さんのお菓子は、数量限定ですので会期中でも売り切れの場合もございます。


 

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事