ハッとするほど美しいグリーン。いつものお料理がいきなり輝きを増したよう。


この鮮やかなグリーン、今では道一さんの作品を代表するカラーになっています。ご実家である長野にあった工房を香川県高松市に移し、同じく作家である知子さんとお二人で窯を築くところからスタートして今や一年を通してびっしり展示会の予約がつまり、大忙しの境道一さん。この、一般には織部釉と呼ばれる緑の作品のほか、粉引や焼き締めなどを中心に作品を作っています。

織部というとどうしてもクラッシックな和食器で地味な印象が強く敬遠しがちだったのですが、道一さんのグリーンは鮮やかでパッと目に飛び込んできました。華やかなのに渋くどっしりとした落ち着きもあり、毎回カッコいいなあと惚れぼれ。単体で見ている時より煮物などのお惣菜を盛るといきなりバーンと見違えます。渋めのうつわが好きなひとでも道一さんのうつわを見てグリーンに挑戦したくなったといういう方も多いのではないでしょうか?男性のファンが多いことも特徴かもしれません。そして、アンティークの青銅に見られるようなくすみがところどころに出ているところも、道一さんの織部を魅力的に見せている特徴のひとつ。古い銅貨のようです。こんな風に、お皿の地模様自体に表情のある場合には盛り付けも余計な加飾はせず、ただお料理を一品単体で装う程度に留めておきたいものです。あまりゴチャゴチャ盛り合わせたりすると、魅力が半減してしまいますよね。ほら、ただお豆のマリネを盛るだけでもこんなにきれいです。


道一さんといえばこの色!とうほど定番の色でいろいろな種類のうつわがありますが、どれも毎日の食卓で使いやすい、ついつい手に取ってしまう手頃なサイズや形のものばかり。少しだけ深さのある取り皿としても盛り鉢としても使える浅鉢は、おかずを山盛りに装っても、平たく盛ってもサマになり何にでも使ってしまいます。

2児の父でもある道一さん。お料理がとても上手で工房でも里イモの煮つけを織部の鉢に盛って出してくださいました。北海道育ちのママろば、里イモにあまりなじみがないせいかちょっと苦手意識もあって、里イモを上手に煮含められる人を無条件に尊敬してしまいます。ちゃんと面取りしてあったし…。えらい!道一さん。スタンダードな和食のメニューは地味な色合いの食材が多いので、鮮やかグリーンに助けられます。ふろふき大根、卯の花など、グッと映えそうではないですか?もちろん、玉子の黄色が映えることといったら、このグリーンにかなうものはないでしょう。少しずつ風が冷たくなってゆく今の季節、いつもの何気ない料理に鮮やかな挿し色を加えて新鮮な気分を味わってみてください。

道一さんのページはコチラ



 

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+

関連記事