金継ぎ教室。

kintugi

重い腰を上げ、ついにこの時が来た。とても気に入っている大江さんのカップを金継ぎする。麦漆を作り、割れた部分に塗って接着していくんですが、こういっちゃなんですけど、地道な作業。でも2人ともこうゆう作業は嫌いじゃないので、無言でひたすら作業。金継ぎSETなるものを購入していざ始めたものの、工程表で見ると一つの作業かもしれないが、その中にも細かい大事なことが色々あることを教えてもらった。SETを買って自分でやったらこうゆうところはわからなかったんだろうな。そう考えると金継ぎSETって一般の人にはかなりハードルが高いような…

いざ割れたところに麦漆を塗って、接着!おお~!くっついている。感動の瞬間です。テープ姿が痛々しいが、形が元も戻るだけでむっちゃテンション上がります!はやく次の工程に入りたい気持ちを抑えつつ、残りの工程も気が遠くなるほど長いですが完成目指して頑張ります。

kintugi2

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事