乾物革命。戻さずにすぐに使える、むしろ戻さない方が美味しい乾物御三家。

ひじきや切干大根、乾燥豆。いつでも常備しておける便利な乾物ですが、最近は戻すのが面倒だからか敬遠されがちです。とかく今すぐ、即座に調理できるもの(もしくはすでに調理されているもの)ばかり重宝されてしまうのですね。

でも実は、戻さなくてもそのまま使える乾物もあるのです。

むしろ、戻さないで使うことにより味が浸みやすくなり、栄養分も食感も損なわずにすむ。「時短だけが目的じゃないのよ」と堂々と手抜きを正当化できる(笑)、ありがた~い乾物が存在したのです!

この山口県周防大島(すおうおおしま)産の寒ひじきは、さっと洗うだけですぐ味付け、そのまま加熱せずに食べられます。やわらかく味が浸みやすいので調理しやすく、食感もふわっと軽いのです。実はこのひじき、当店でも人気のおいしい卓上調味料「あたらしい日常料理ふじわら」の藤原さんにご紹介いただいたもの。春にクラフト展でお会いした際、ふじわらさんがブースで出していたカレーの付け合せとして添えていた「ひじきのマリネ」があまりにも美味しくて「奈緒さん、これ、むっちゃくちゃ美味しいんですけど」と尋ねたのがきっかけでした。いやもう、衝撃の軽さ。冒頭の画像はおそらく乾燥で3g分くらいのひじきですが、はっきり言ってこれを5杯くらいわっさわっさと余裕で食べられます。

この絶品ひじきのマリネ、作り方は驚くほど簡単。サッとぬるま湯で洗ったひじきをザルで水切りし、お醤油:オリーブオイル:酢を1:1:1で和えるだけ。「え?水で戻しただけ?湯通しもせずに?」「このひじきは柔らかいので、戻しただけですぐ味付けできるんです。」とブースにいたスタッフの方も教えてくださいました。実際に調理してみると、戻すというよりはぬるま湯(50℃もいいですよ)でサッと洗えばいきなり味付けしても美味しく食べられるのです。

何度か試すうち、水で完全に戻してしまった後よりもサッとぬるま湯で洗っただけで味付けをした方が、和えたそばから調味料が沁みこみ、ふわっとしてくるのがわかりました。戻したひじきって、なかなか味が入りにくいものですが、これだと下味もしっかりつくしシャキッと感も残るので一石二鳥*。

ヨードに富み、ビタミンA、鉄分、カルシウムがたっぷりのひじきは、子どもから大人まで積極的に摂りたい健康食品の代名詞のようなもの。でも、甘じょっぱい煮物に入っているひじきは量的にもわずかである上、味が濃いのでそうそう沢山は食べられません。これまでも炒め物やライスサラダなどでオリーブオイルに塩味ベースで調理したひじきは楽しんできましたが、ひじきが主役と呼べるようなお料理にまでは発展しませんでした。このマリネは多めに作って保存容器に入れておけば3~4日持つので、サラダに混ぜたり和え物に加えたり、ごはんや玉子焼きに混ぜたりと応用が効いて一気にひじきの登場回数が増えますよ。ぜひ、ふじわらさんのようにカレーの付け合せにもトライしてくださいね。ママろば、ただ今相当ハマっておりますので、今後少しずつひじきのおススメレシピをご紹介してゆきますね。ほら、こんなに細くてフワッと柔らかいのです。そのくせ、シャキッとした食感と香りがしっかり!

同様に、べにや長谷川商店さんの自然栽培の切干大根もこのままサキイカのようにモリモリ食べられるので、サラダやお味噌汁、和え物などにすぐ使えます。そしてべにやさんの最新ヒット商品、ミックス大豆を煎った「素焼きミックス大豆」にいたってはお塩さえいらない完成された味。とにかくお豆の甘味にびっくりです。家庭で乾煎りするのではなかなか出せないサックサク感は、おつまみ、おやつとしてこのまま食べても止まらない後を引く美味しさ。戻さずにサラダや炒め物に入れても、歯ごたえを残しつつドレッシングや調味料が浸みこむので、煮物だけではもったいないのです。ワタクシ、この素焼きミックス大豆、切干大根と驚き続け、そこへきてこの寒ひじき。これで乾物御三家が揃ったというわけです。

これは、まさに革命。これからは、もっともっと気軽にヘルシーで美味しい乾物料理を楽しめます。



太陽のチカラで旨味も栄養分も凝縮した乾物はスグレモノ。ただし意外と酸化しやすく、それが独特の乾物臭となる原因でもあるので新鮮なものを選んで冷凍保存がおすすめです。

*一時期、ひじきには無機ヒ素が含まれる、と話題になったことがあります。水(さらに水温が高い水の方が有効)で戻すとヒ素成分が水に流れ出すことが知られているほか、日本ではひじきを含みその他の海藻類を食べたことによる健康被害が報告例は過去にないそうですが、気になる方は内閣府食品安全協会のQ&A詳細をお読みください。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事