『ダエンなセカイ』の住人紹介#1 関口憲孝さん

NoritakaSekiguchi
岩手県紫波町平栗で作陶する関口憲孝さん。ろばの家、初登場です。
関口さんとは昨年10月に大阪で行われた『灯しびとの集い』で初めてお会いしました。棚に並んでいた青磁のゴブレットがブースの前を通り過ぎる度に気にかかり「あれカワイ~」「あれカワイ~」としつこく言い続けていたら「聞いてみりゃいいじゃん!」とパパろばにうながされ、恐るおそるブースで自己紹介したのがきっかけでした。無名なろばの家としては初対面の作家さんに名乗り出るのは相当に勇気のいることで毎回かなり緊張するのですが、なんというか関口さんも奥様も和やかな雰囲気で、ブース全体にほんわかした空気がたちこめていました。なんだかホッ。

以前からウェブなどで作品を拝見して素敵だな~とは思っていたのですが、実物を手にしたのは初めて。やっぱりどれもこれも好みです。青磁のほかにもいろいろな色の作品が並んでいて、改めて全体を眺めると、とてもひとりの作家さんの棚とは思えぬ充実ぶり。見ごたえたっぷりです。ひとつひとつタイプの違う作風なのに「これが得意なんだな」と思ってしまうような偏りが感じられないことが驚きでした。たいていありますよね?ああこのひとは白磁がいいんだな、とか粉引専門なんだな、とか。どれもそれぞれに個性的でどれを求めるか本当に迷いました。悩んで悩んで、ザラリとした感触のカフェオレ色の鉢をひとつだけ選んでつくばに持ち帰りました。その、デューラレックスを思わせるゴブレット型の青磁コップにしようか最後まで決めかねたのですが、お料理を盛り付けてみたかったので最後は鉢の勝利でした。とても使いやすいサイズ感といかにも土モノといった感じのアースカラーなはずなのにどこか華やかさがあり、地味な胡麻和えなども映えるので、ろばのウチで毎日愛用しております。
お取り扱いに関して、茨城県ではすでに置いてくださっているところがあるのでちょっと聞いてみないと…と丁寧に説明してくださり、後日そのギャラリーの方に尋ねてくださったらしく「大丈夫です」とのお返事に、パパろばと小躍りしました!なにせあまり作品の画像が出回っていないのでオーダーをしたくても作品のラインナップがわからず、どうやってお願いすればよいかと困っていたところ、このオーバル展に参加してくださることが決まり、晴れてろばの家初登場という運びに。今回はカーブが個性的な青磁のプレートや黒い釉薬のお皿など、オーバルワールドの広がりを見せてくださいます。粉引の楕円鉢やババロア型のように波打った鉢などもあって、オーバルっていってもお皿だけじゃないんですよ!とご紹介するのにうってつけのありがた~いラインナップです。初登場にふさわしくファンファーレつきで入場していただきましょう、というわけではないですがテンションが上がってしまったママろば。パンパカパーン!とにぎやかにご紹介させていただきます。関口憲孝さんのご登場で~す!!パチパチパチ…。

さて、関口さんにとってのダエンなセカイとはどんなものなのか、質問してみました。

Q1、「オーバルのうつわ」と聞いて、真っ先に頭に浮かぶお料理はなんですか?  
-餃子
Q2、自宅で愛用しているオーバルのうつわはどんなものですか?自分の作でないときは、作家さんのお名前も教えてください。
-内田好美さん(ママろば注:関口さんの奥様です!)
sekigutisan
Q3、一番好きなたまご料理を教えてください。
-茶碗蒸し。回転寿司では必ず食べます。一個では少ないし2個では多いので、いつも悩みます。…なるほど。茶碗蒸し、わたしも選びました~~~。やっぱり特別ですよね!関口さん、ありがとうございました!

DSC_0043

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事