『ダエンなセカイ』の住人紹介#3 村上雄一さん

hp-murakami

ダエンなセカイの3番目の住人は岐阜県土岐市で作陶されている村上雄一さん。昨年夏に工房に突撃してからのお付き合いですが、このイッツ・ア・オーバル・ワールドでどんな作品がくるのかとても楽しみにしていました。個展直後でもあり相変わらずすこぶるお忙しい様子でしたが、今回一番多く作品を送って下さいました!巨大な箱を開け、到着した沢山の作品達を見てじ~んとしてしまいました…村上さんありがとうございます!

DMのイラストは、実はママろばがはじめから「村上さんの青いプレートに目玉焼きがのっかってるイメージで行きたい!」と話していたので忙しい村上さんにお願いして本当に目玉焼きを乗せて撮影して頂き、送っていただいた写真を見ながら水彩で描いたのでした。そのモデルとなった藍色オーバルプレートは初日で完売(現在ご予約のみ受付中です。詳細はお電話でご連絡ください。)となってしまいましたが、先週末に新色の湖水色と薄墨色も届けてくださいました。白磁がメインと思ってた村上さんでしたが、色のついた器もどれもそれぞれに素敵です。“薄墨”、“湖水”など色のネーミングまで響きが優雅で、村上さんらしいなと妙に納得してしまいました。そして、オーバルに合わせて、マグカップなども同様のカラーバリエーションで一緒に送って下さっています。ブルーの濃淡が印象的なオーバル皿は、それぞれの色だけ単独で見ると寒色ということもあってか個性的すぎるイメージを持たれるかもしれませんが、実際にお料理を盛り付けると驚くほど自然になじみます。下の村上さんの写真をご覧になってください。洒落たカフェで出されるワンプレートランチも顔負けといった感じです。(そしてやはりご本人もそのイメージでオーバル皿をとらえているようでした!)。それにしても、村上さんのお客様の写真…相変わらず美味しそうなお料理ですね~!

 

さて、村上さんにとってのダエンなセカイとはどんなものなのか、質問してみました。

Q1、「オーバルのうつわ」と聞いて、真っ先に頭に浮かぶお料理はなんですか?
朝食ワンプレート

Q2、自宅で愛用しているオーバルのうつわはどんなものですか?
自作のプレートをご自分で撮影した写真をお借りしました(上から藍色、薄墨色、湖水色)。

mura2
mura
 mura4

mura3

Q3、一番好きなたまご料理を教えてください。

プリン

なるほど。こんな素敵な朝食で一日がスタート出来たら、なんだか人生のクオリティーがかなり上がってしまいそうですね。
村上さん、ありがとうございました。

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事