前田育子さん『層シリーズ』約1年半ぶりの入荷です。

8ae51f19c5a237a03a4b
そうなんです!層なんです!!そ~~~~うなんです!超久しぶりなんです。

オープンしてまだ3か月しか経っていなかった2014年6月に、ろばの家初の企画展を飾ってくださったのが前田育子さんの個展だったのです。その時に出展されていたこの“超層小皿”。会期中にイタリアの老舗砂糖菓子屋さんPietro Romanengoピエトロ・ロマネンゴのリキュールボンボンをのせて試食に出していたのがとても印象的で…と、なんとお皿の名前を“シュガーボンボン皿”に決めてしまったという前田さん。昨年一年間は制作をお休みしていたため、ろばの家では長らく前田さんの作品がひとつもない状況が続いていました。沢山の方から「あの、バームクーヘンみたいなお皿って、まだ入ってこないんですか?」などと聞かれていたのですが、工房の改築を行い故障していた窯の修理もやっと済んだということで、晴れて今年から制作活動を再開されたとのこと。ろばの家にもオーダーしていた層シリーズなど、いくつかのうつわや小物が到着しました。超層と名付けられた細かい練り込みのピアスや白磁の杯、呉須ラインのフリーカップなども少量ずつ入荷しています。
人気のナイフレストもちゃんと届いています。近所の飲み食べできるワインショップda Dadaさんに食事に出かけたことのあるひとなら、白く波打つ白磁面にペルスヴァルのナイフがしゃらんとセッティングされているのを見かけたことがあるはず。お箸と一緒にスプーンも置けたり、リバーシブルになっていてこげ茶色の焼き締め側も使えたりと、相当のスグレモノなんです。何より陶器のナイフレストでここまでシンプルでスッキリしたデザインのものにはお目にかかったことがなかった!波面を合わせてつなげて置いておくとオブジェのようです。ほかにも、気の利いた贈り物にもなる木枠に収まった小ぶりのパズル箸置も何種類か届いています。いずれも数個ずつの入荷ですので、お早目にチェックしてくださいね。
前田育子さんのページはコチラです。

16d5766c583c80044d0e

hp-maedasan

 

 

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone
2016-03-05 | Posted in Ikuko Maeda 前田育子さんNo Comments » 

関連記事