シンプルかつ端正な加藤仁さんのミッドナイトブルーの取り皿

「これ、黒ですか?ん?紺色なのかな?」そう言って手に取ったお皿を窓辺で見ている時にふとした加減でこの色があらわれると、みな息をのんで魅了されてしまいます。

陽の光に反射した部分だけこんなに鮮やかなブルーが浮かび上がるのです。この画像、まったく色の加工も特殊な撮影もしていません。ただ、直射日光のもとで撮影しただけです。オープン以前から愛用している仁志さんのルリ釉シリーズ。ちなみに陽の光がない室内ではこんな色合いです。

ミッドナイトブルー。その秘めごとじみた響きの名前は自然に浮かんできました。真夜中の青。限りなくブラックに近い闇のようなブルーが、一瞬見せてくれる別の顔。深い海の底や宇宙を連想させる、漢字だと青ではなくて碧、という字が使いたくなるようなブルーです。このハッとするような鮮やかな色は、けれど、太陽の光が差し込んだ時だけに見せてくれる特別な色。電灯の光ではダメなようです。黒い土にコバルト釉という真っ青に発色する釉薬をかけることでこの独特な色が出るのだそうです。

こんなにもセクシーな色のうつわを作っている加藤仁志さんは岐阜県土岐市で作陶しています。はじめて購入した加藤さんのルリ釉は17cmのプレートで、パッと見は黒いお皿だと思っていたのです。シンプルで飽きのこないデザインながら、一見黒と見まごうほど深いブルーというひねりの効いた色であることに惚れ込み、まだ一人暮らしだったのに10枚以上買い込んでしまいました。何の変哲もないオーソドックスなデザイン。形がシンプルだからこそなおのこと、特殊な色が引き立つのでしょうね。

この17cmプレートは今でも不動の万能皿として、取り皿用にはもちろんケーキ、パン、果物、と何にでも使っています。丈夫で形が普遍的で使えば使うほどそのシンプルな魅力と作りの良さに愛着が増すばかり。使い込めばこむほど表面の艶が鈍り、マットな質感に落ち着いてゆきます。とても丁寧な作りでで形がピタリと揃っているためスタッキングしやすく枚数が多くてもかさ張りません。ここまでキレイにスタッキングできるプレートもなかなかないですよね。重なった姿も惚れ惚れするほど美しいですが、ここまできっちりとスタッキングできると、片手で6、7枚ひょいっとつかめてしまます。家族の人数分プラス来客分まで揃えておくとホームパーティなど人の集まる場でも大活躍。お誕生会の時など、最初取り皿で出てさんざんおかずを取り分けてから、最後にバースディケーキの際に洗いかえす、なんてことも多々ありました。

リムの部分に鎬(しのぎ=削り出した模様)がはいっているタイプもあり、同じサイズでしのぎあり、なし両タイプをそろえてもきちんとスタッキングできます。少し重めですがしっかり焼いてあり、丈夫で欠けにくいのもこのシリーズの特徴です。加藤さんはこのシリーズをすっかり定番化しているので、万が一割ってしまったりもっと数が欲しくなったとき買い足せるのも嬉しいですね。

『定番展Online』に加藤仁志さんの作品を掲載しました。この定番プレートの他にもオーバル皿、さらには新作の輪花皿も登場。
◇加藤仁志さんのOnlineページはコチラです。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事