クリスマスに最高の贅沢を。ジーノ・ファッブリのパネットーネ・クラッシコ。

b70289490a8d4f9d10d8

『これぞ最高の贅沢。クリスマスケーキなんて子供っぽい代物がいらなくなってしまう』

イタリアから、クリスマスの伝統菓子パネットーネが到着しました。
実はイタリアにいた頃にはその名前も知らず、札幌のワインショップで働いていた時に「ノンナさんが輸入しているのだから間違いなく凄味のあるものに違いない」と社販で購入して食べたのが初ファッブリでした。あのときの感動は今も忘れません。期待に胸を膨らませながら切り分け、ちょっとこぼれたパン屑をつまんだだけで「なにこれ」と悶絶したのを覚えています。オレンジの香りがするカリカリのお砂糖、甘くミルクのような味わいのアーモンド、これをレーズンと呼んでよいのかしら?と戸惑うほどフレッシュでふっくらとした干し葡萄。そして、上等のシャンパンの香りを表現するときに通が好んで使いたかがる“酵母の香り”とはこれのことか、とひとりごちた何ともくすぐったくなるような芳ばしい香り。イタリア国内の様々なパネットーネランキング(そのほとんどがぶっちぎりでNo.1。お値段も他の追随を許さないけれど…)で必ず名前が挙がるGino Fabbriジーノ・ファッブリ氏(La Caramellaラ・カラメッラというのがお店の名前)が世界中から厳選した素材を集めて時間のかかる伝統的手法でつくりあげるパネットーネの最高峰です。

そもそも、パネットーネってなんだ?という方もいらっしゃいますよね。イタリアのクリスマスには欠かせない伝統菓子で、ケーキと表現しているお店もありますがむしろパンに近い食感のスポンジケーキです。スポンジとブリオッシュ生地の中間という感じでしょうか。イタリアでは北から南まで全国で作られており、12月に入ると一斉にスーパーやお菓子屋さん、食料品店の一番目立つところに山積みされる国民的ドルチェです。
クリスマス時期になると職場でも家庭でもパーティーだらけであちこちにお呼ばれされるわけですが、その時かならず誰かは手土産にパネットーネ(イタリア語でPaneはパン。~toneとトーネがつくと大きな、という意味なので大きなパン、という意味ですね)とモスカート・ダスティなどの甘口発泡酒を持って出かけるのが慣習となっています。地方によって微妙に中に入るものが違い、クラシックなものはこのファブリのもののようにレーズンとオレンジピール、アーモンドというものですが、レーズンだけのものもあれば、ヴェネト地方でPand’oroパンドーロ(金色のパンという意味)と呼ばれるドライフルーツやナッツの入らないプレーンなものがあったり、またポピュラーな感じにチョコレートがかかったもの、オリーブオイルやコショウを使った創作パネットーネも出てきたりと、バリエーションは様々です。いずれも大人数で食べることの多いものなので形はおおぶりで、スーパーで3ユーロで売られているような大量生産品から、こだわったお菓子屋さんで予約販売される高価なものまでお値段もピンキリです。
もちろん、このジーノ・ファッブリのものはその頂点に立つ存在。日本へはノンナ・アンド・シディさんが輸入していらして、当店もノンナさんに2か月前から予約して仕入れています。

大きい甘いパンに1みゃんえん??と言うなかれ。試したことのないひとには理解できないであろう種類の特別な味わいが与えてくれる満足感は、決してお金に換算できない種類のものです。「もうクリスマスケーキなんていらないかも」とそこにいたオトナ(妙齢?)女子8人が口々にこぼしていたのは、確か2年前のこと。つくばでの食いしん坊友達が集まった女子会に、パパろばの前の職場の社長Y氏がこのパネットーネをまるごと差し入れしてくれたことがあり、ロゼのシャンパンを注いでからナイフを持つ友人をぐるりと取り囲み、切ってはこぼれるアーモンドを横からひとり、飛び散る砂糖屑を横からまたひとり、と待ちきれずに手を出す子供みたいなオトナ女子?たちの「このアーモンドが~百円くらいかしら?」などと下世話な冗談を言いながらも「わ!!このアーモンド甘っ!」「砂糖一粒も残せない」と結局全員つまみはじめて、一同本体のパネットーネをかじりもぐもぐした後に、先の「もうクリスマスケーキはいらない」発言に至ったのも記憶に新しいところ。その後Y社長の株がぐぐんと急上昇したのは言うまでもありません。
またこう大袈裟に書いていて、それでも全然心配にならないママろば。これだけ豪語するに値する、上等な体験を約束してくれるパネットーネに1万点(全部)って感じです。10人で買ってひとり1000円、10分のひと切れを食べたっていい。これが100g1000円くらいなら、断然お得と思えるくらいです。この至福のお菓子が1㎏。日持ちするので毎日少しずつ食べて幸せを長続きさせてもよし、みんなでわあっと盛り上がってもよし。誰に食べさせてもきっと「その価値はある」と思わせるだけの説得力ある味わいですぞ。

さて、その素晴らしいパネットーネですが、実はさらに美味しく食べられる秘訣があるのです。クリスマスが明けて、あちこちからもらったパネットーネをお正月過ぎまで食後や朝食代わりに食べたりして消費してゆくのですが、みな、カットしてからオーブンで軽く温めて食べるのです。そこに、粉糖をはらはらとかけて。これがまた、悶絶の食感なのです。外は芳ばしくカリッと、中はさらにもっちりと。香りもいっそう際立って。こぼれて焦げついたレーズンが少しキャラメル化しているところなど、取り合いです。
ぜひ、温め直してお召し上がりください。

…とはいえ、いくら天国のような味わいといってもパンはパン。1万円なんて皆さん買ってくださるだろうか、と不安もよぎる小心者のママろば。これくらいは間違いなく売れるだろうと、3つだけ予約してみたのでした。弱気だな~~~。主婦だから、ね。ひとつは、お店で切り分けてしまおうか、なんてことも考えているので今回は2つだけのご案内です!ここでリクエストが殺到したあかつきには、来年からドカンと仕入させて頂きますね(笑)

さてさて、あなたは誰におねだりします(←あくまでヒトのお財布をあてにする前提)?
喜ばれるギフトの極意はズバリ「自分じゃちょっと手の出ないもの」ですからね。ずっと気になってたし、食べたいのはやまやまなんだけれど…という種類のものは圧倒的に喜ばれるのです。だから、こんなのプレゼントされたらそりゃあ嬉しいです。誰か、喜ばせてあげたい相手がいる方はぜひ。「自分で食べたい!」という方は、スポンサーにおねだりするもよし、奮発して一年間がんばった自分へのご褒美にするもよし。

こうして熱弁しているわたくしママろばはと言えば、目の前にででんと積まれている老舗の帽子屋さんのパッケージの様に大きな3つの箱を眺めながら「ああ、また誰か食べさせてくれないかなあ」とまだヒトをあてにしているのですが…。パパろばにはクリスマスプレゼントを前倒しでもらってしまったばかりだしなあ…。

まあ、つまり切実な気持ちを申しますと『誰かわたしにプレゼントして~~度No.1(笑)』な、超贅沢なお菓子です。至福のジーノ・ファッブリ社の、パネットーネ・クラッシコ。一年に一度の贅沢、いかがですか?

ああ、それにしても本当に、誰かいませんかね。。。

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事