関口憲孝さんのうつわ『冬ごもり』

この美しい色合い!ルリ、濃紺、青磁…「あ、あのスープ皿の人だ!」とすぐにわかる人も増えてきたかもしれませんね。岩手県紫波(しわ)の関口憲孝さんです。

茶系などダークカラーも多い冬ごもりのうつわたちの中でも、ひときわ色の美しさが目をひきます。

万能スープ皿としてご紹介してきた関口さんのお皿は、入荷する度に一枚ずつ色を揃えてくださっている方もいたり、この一枚をきっかけに関口さんのうつわを色々使ってくださる方も多く、当店でもかなりファンが増えてきました。
今回は、毎回一番人気の青磁や使いやすい乳白色、お料理が映える濃紺、温かい色合いのオレンジが何のお料理にも合う茶、などが届いています。輪花タイプの青磁もとてもお料理の映える一枚です。

とにかく使いやすく、サイズ感も、形もちょうどよい手頃な感じのうつわを色々な色で展開してくれている関口さん。

店頭で、誰のものか知らないまま、結局手にするのは関口さんのうつわ…という人が多いのも、この綺麗な色合いを見るとわかります。今回も、冒頭の画像のようにお鍋の取り皿にもスープ皿にも、おかずの銘々皿にもなるようなちょうどよい小鉢、ボールが沢山届いていますよ。お野菜の色を映えさせてくれる綺麗色のうつわは、それだけで見た目の美味しそう!感がワンランクアップします。
そして、なんといっても今回の見どころは耐熱・耐火のうつわです。通常耐熱は釉薬の色も限られるので、こんな風にニュアンスのある色や形のオーブンウエアが揃うのは珍しいこと。一人前ずつ焼ける小ぶりな耐熱も、一人前ずつグラタンができるほか、ココットとしてプリンを焼いたりもできるのであると意外と役立つものです。関口さんの耐火・耐熱は底の部分の角がゆるやかで、チーズや玉子などこびりつきが気になるお料理も洗いやすいことも使いやすさのポイントです。




また今回、新作としてシリーズで届けてくださった土モノの鉢やボールは、色違いで揃えたくなるツートーン。どれも、スープにもサラダにも、取り鉢としても使いやすいサイズで毎日食卓で活躍してくれること間違いなしです。



本当に毎日、どんなお料理にも使ってしまう、といううつわは少数。気が付くと同じうつわばかり使ってしまいますよね。関口さんのうつわはどれもサイズ感が絶妙で、その数少ないスタメンうつわの筆頭。安心して選べます。

◎関口憲孝さんの『冬ごもり』のOnlineページはコチラ

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

関連記事