『おやつの時間2018』は終了いたしました。


『おやつの時間2018 ~酔いも甘いも~』は、実店舗『ろばの家』会場、Online会場ともに展示を終了いたしました。

両会場にご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。皆さまと一緒に毎日楽しいおやつの時間を過ごさせて頂き、何週間も前から楽しみにしていたおやつも思う存分食べ、心安らかに来年のこの日を待つことができそうです。

美味しすぎて甘いものばかり食べ過ぎ、ママろばが後半お腹を壊してしまったりもしましたが、また、最終日を目前にパパろばが体調を崩したりとご心配をおかけしてしまいましたが、二人とも今日は元気に会場を片付けておりました。若干の寂しさとともに、窓の白い文字を消して…って、実際にゴシゴシ消したのはパパろばでしたが(笑)。

画像は、あまりバッチリとは決まっていないお写真ですが加藤かずみさんのコンポートを撮影した一枚。

「なんか、イメージと違う…」とうなだれていたパパろば。

…確かに、プリンも若干うなだれています。

「…プッチンプリンだからじゃないかな。」

「プッチンプリンがよかったのに…。」

そっかあ、じゃあプッチンプリンで行きましょう!と採用した一枚です。パパろばのプリンブームはすでにこの時からはじまっていたのでした。まあ毎日毎日、本当によくまあ何種類ものプリンを焼いたものです。完全に分離したSabadiのリモナータマドレがたっぷり入った液状プリンをまるまるひと型(玉子6個分)平らげて胸焼けした夜の甘酸っぱい想い出も、今となっては笑い話。

「大丈夫!うつわの魅力がすごいから、多少うなだれたプッチンプリンだって許されるよ。」

と、パパろばが企画展が始まる前から心に決めていた「かずみさんのコンポートにプッチンプリンを盛って撮影するんだ!」という誓いを尊重して、最後のワンシーンに選択させていただきました。
*実物のコンポートはもっと素敵です(笑)。

この会にご協力いただきましたすべての方々へ、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+

関連記事