ANT Pop up shop アントbyチキュウノカケラ ポップアップショップ

antrobanoiehp

2週間、ろばの家にポップでカラフルなコーナーが登場。
Ant by fragment of the earth の期間限定ポップアップショップを開催します。

栃木県さくら市にアトリエ+ショップを構える布と糸の作家ANTアントさん。自宅のアトリエ兼ショップで春夏は布物をメインに縫い物を、秋冬はニット帽やマフラーなど毛糸での編み物をメインに、エプロンや生活雑貨、子供服、アクセサリーなどを制作されています。アトリエは週3回ショップとしても解放して自らお店に立つほか、あちこちのイベントにも出店されて大忙し。いつお話ししても元気いっぱいで、はじけそうなパワーが作品にまで飛び跳ねて移ったような、にぎやかな色合いの作風が魅力的です。

「色が大好き!色の組み合わせを楽しみながら製作しています。」というアントさんがモノづくりの中で大切にしているのは、わくわくする気持ち、だそう。まず自分自身が制作していて楽しくなってくるようなモノを作りつつ、それでいて出来るだけ使ってくれる人が使いやすいよう、寄り添えたら、と話してくださいました。

ろばの家では、厚手のキャンバス地と切りっぱなしのウォッシャブルレザーを使ったワークエプロンを置いています。デッドストックのボタンやカラフルなレザーを使ったひとつひとつ表情の違うエプロンは、仕事場でハードに使ってもらうためにひたすら丈夫に、あえて無骨に仕上げてあって、実際に職場で使ってくださっている方が「毎日洗濯機でゴンゴン洗ってるけど全然ほつれないよ。」と話していました。このエプロンと出会ったのも、陶芸家の方がクラフトフェアでつけているのを見かけたのがきっかけでした。他の陶芸家の方も使ってくださっていますし、楽器職人さんやコックさんなど作業場でつけるのに求める人がほとんど。はじめはゴワゴワしすぎかな、というほどしっかりしたキャンパス生地にラフなカットラインの革が鋲止めされていて、毎日洗ってもよれよれになることはありません。洗濯機で丸ごと洗え、洗えば洗うほど硬いキャンバス地も柔らかく体に馴染んでいきます。汚れがついたくらいの方がカッコイイ、そういうところがワークエプロンの魅力です。

アント、という名前にしたのは写真家の友人が撮ったアリの作品に衝撃を受けて…とのことですが、fragment of the earth(地球のカケラ)とつけたのは 旅が好きで、行った先々で見つけてきた(拾ってきたり)材料を少しずつ作品に使って作っていたので地球のあちこちの素材(カケラ)でものづくりをテーマ、と思って…だそう。地方のクラフト市などに参加するときには車に作品や棚などをいっぱい詰め込んで、あちこちキャンプしながらどこまででも出かけていく!なんてお話も聞いていたので、アントさん自身ロードムービーを地で行ってる感じが、作品のちょっと80年代的な雰囲気に妙にマッチして、想像するだけでこちらまでワクワクしてきます。

今回は、ポケットの色合わせがパズルのように楽しいカラーエプロンや、トートバッグ、ポットカバーにコースター、定番のキーホルダーなどが並びます。ぜひ、手に取ってアントさんの遊び心に触れてみてください。

14315940_908840705888266_1953784835_o

14341534_908837649221905_478009357_n

 

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone
2016-09-20 | Posted in ANT Pop up shop, BlogNo Comments » 

関連記事