『おやつの時間』の登場人物紹介#6 Cookie.Gさん

suzakisan

『おやつの時間』の主役を飾ったと言ってもよいほど、今回の企画で人気の高いCookie.Gさん。
クッキー爺さん!?と驚かれることもしばしばの発音ですが、山にこもって薪でクッキーを焼くおじいさんのお店であるはずはなく、須崎優子さんという女性がひとりで切り盛りしている東京・目黒の焼き菓子屋さんです。ろばの家族とはパパろばママろばが一緒に札幌のワイン屋さんで働いていた頃からのご縁です。その頃はまだお店をはじめられる前でしたが、クリスマスやバレンタインデイなどに送られてくる焼き菓子の詰め合わせが楽しみで楽しみで、須崎さんから箱が届くと小躍りしてエスプレッソを淹れていたのを今でもよく覚えています。イタリアから戻ってきて美味しいエスプレッソがなかなか飲めずに困っていたところを、チンバリのマシーンとジャマイカカッフェがある職場で働けたことはパパろばと出会えたこと以上に大きかったかもしれません(笑)。ほら、だって今の仕事場所も、エスプレッソマシンは最高のものを使っていますからね(借り物ですけど…)。もちろん、淹れてくれる人がいいから美味しいんですよ、機械のおかげだけでなく。

お菓子は、中学生の頃から作っているという須崎さん。お菓子への思いは?と聞くと「クッキーを焼こうと思ったのは、(随分と前に閉店したようですが)六本木にあった「Mrs.Fields」というクッキー専門店のクッキーが好きになったのが一番のきっかけだったと思います。日本では、見たことの無かった大きなクッキーにチョコやナッツの大きな塊が沢山入っている、焼き立てクッキーの店でした。自分で色々と作るうちに形は変わりましたが、いつも更に美味しくならないかと考えています。」と教えてくださいました。お菓子が好きなら、きっといつもそばに温かい飲み物が添えられているはず…と、愛用のものをうかがいました。

愛用のカップをみせてください

Exif_JPEG_PICTURE

「店でお茶に(まあ、コーヒーか紅茶ですが…)使っているマグカップの写真を添付します。義姉にお土産で頂いた物です。自宅で愛用しているお気に入りのカップもありますが、一番お世話になっているかな~という事で、店で使っているカップにしました。」
さすが須崎さん、Chocolatと書かれたマグカップ。カップからも、甘~い香りが漂ってきそうです。美味しいお菓子、ありがとうございました!

Cookie.G MEGURO クッキー・ジー
〒153-0062 東京都目黒区三田2-8-4
でんわ:03(3791)8060
じかん:昼から夕方まで
おやすみ:日曜日

 

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事