『おやつの時間』の登場人物紹介#11 船串篤司さん

funassy

やはり最後にご紹介するのは船串さんです。自他ともに(おそらく)認める、ウルトラマイペースな船串さん。ミスターリラックス。あまりお仕事をガシガシしているイメージがないのです(先日工房にお邪魔していた時めずらしくちゃんとお仕事しているところを目撃してしまい、思わず写真を撮ってしまいました(笑))。実は会期中にもしかするともしかして直前にオーダーしていたマグカップやデミタスなどが間に合ったりしちゃうかも?というかなり淡い期待がないこともなかったのですが、会期3週目に入りパパろばとの間では船串さんの追加納品が実現するのか否か?を議論するのがカフェラテを飲みながらの毎朝の日課となっておりました。でも船串さんの名誉のためにも強調しますが、決して納品が遅れたというわけではないのです。そもそもお願いする時点で「もし間に合ったらお願いします」程度のゆる~い制作依頼だったのです。しかもオーダーも「あとは船串さんのフィーリングで、気が向いたら適当な形作ってみてください」とかいう曖昧な内容。…なんだかどうしても、船串さんに対していついつまでに、コレとアレをいくつずつ、というようなキッチリしたお願いができないんですよね。でもそれはいい加減でいい、というネガティブな意味ではなく、とてもポジティブな意味で船串さんの自発的な制作スタンスに合わせたい、という意味だと思っているのですが。たぶん無意識のうちに、わたしたちが魅かれてしまう船串さんの中にある自然体な部分を損なってしまわないようちょうどよい距離のとりかたをはかってしまっているのかもしれません。こどもの自由な発想を大人のつまらない枠に無理やりはめて台無しにしてしまわないよう配慮するみたいに。
工房でハッとするような作品に出会って「コレ、いいですね」と手に取ると「なんかそれだけそうなっちゃったんですよね。なんでかわかんないんですけど」と不思議そうに作品を眺めていたり、すごくカッコイイ質感だなあと思うと「あ、それ途中でめんどくさくなっちゃって…。」とへへへと笑っていたり…。こうして言葉にしてしまうとなんじゃそりゃ?と思われてしまいそうですが、あの船串さんの工房の中のゆったりした空気のなかでは全てアリだと思えてしまう。どんどん船串さんを好きになってしまう。船串マジックにはまってしまうんです。さすがはミスターリラックス、です。でも、持ち帰ってきた作品の包みをほどいて見ても浦島太郎にならず「やっぱり船串さんいいなあ」と思ってしまうんだから、魔法は本物だってことなんだと思いませんか?
ええと、船串さん、コレ読んで気を悪くなさらないでくださいね。決してふざけているのではないのです。わたしたちからの、ラブレターだと思ってください。大好きです!オーダーしたカップ類の仕上がり、楽しみにしてますね(笑)!!

いつ工房にうかがっても洗いざらしのシャツと身体に馴染んだデニムなどを無造作に着こなしていてカッコイイ船串さん。首に巻いた手ぬぐいさえもストールに見えてしまう、羨ましい人です。コーヒーのドリッパーやなんかと一緒に伏せられているカップがどれもやっぱりセンスいいなあ、といつも思っていました。もちろん彼にも聞きました。

愛用のカップをみせてください
funakushisan1 

「稲吉善光さんのです。たっぷり入って使いやすく丈夫で毎日使ってます。
ガツガツつかってます^ ^」

船串さんありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

記事をシェアするShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

関連記事